謎解きのような、消費税増税、軽減税率、ポイント還元の組み合わせ事例。

消費税増税が近づくにつれて白熱する軽減税率情報。

あと1週間足らずとなった
2019年(令和元年)10月1日(火)、
多くの商品の消費税率は
10%に引き上げられます。

増税に対する反発を
緩和する意味を持つ
“日常的な生活において、
幅広い層の消費者が利用しているもの
に関わる消費税負担を軽減する”
という名目で、
特定商品に対して
従来の消費税率8%のまま
据え置かれた「軽減税率」
も同時に導入されます。

国税庁によると、
“酒類を除く食品表示法に規定
されている飲食料品と
週2回以上発行されている新聞”
が、軽減税率の基本的な
対象品目となります。

その一方で、酒類や外食、
ケータリングの食事などは
軽減税率の対象とならず、
消費税率10%が適用される
ことが、やや混乱の原因に。

例えば外食。

テイクアウトや屋台での軽食には、
軽減税率8%が適用されますが、
店内飲食やイートインコーナー、
フードコートでの飲食は
“外食”と見なされ、
標準税率10%が適用
されるのが基本。

テイクアウトで買ったもの
(軽減税率8%適用)を、
気が変わってイートインコーナ
ーで食べる場合は、本来
標準税率10%適用となります。

購入時に決済は終わっているため、
あとは消費者モラルの問題
のようですが、
明快な答えはないようです。

また別の例では、
映画館で食べるポップコーンは
テイクアウトと見なされ
軽減税率8%が適用されますが、
カラオケ店で食べる
ポップコーンは、
イスやテーブルがあるため
外食扱いとなり、
標準税率10%が適用
されるとのこと。

同じものでも税率がことなります。

こうした事例は、
数えはじめるとキリがありません。

「菊正宗《公式》ネットショップ」
では、旧消費税率8%に対応できる
リミットが、
2019年9月26日(木)
までのご注文で、
かつ10月4日(金)
お届けまで。

9月末の注文は出荷が10月となり、
消費税率10%扱いとなります
(内税表記のため、
現行金額表示より値上げとなること
をあらかじめご了承ください)。

10月5日以降お届け希望の場合は、
2019年9月27日(金)
午前 8:30〜午前 9:30の
メンテナンス終了後に、
ご注文をお願いいたします。

 

さらに複雑化させる「ポイント還元制度」と「適格請求書等保存方式」。

さらに、ややこしくするのが、
消費税増税と同時に導入される
「ポイント還元制度
(キャッシュレス・
消費者還元事業)」。

消費者が中小店舗で
商品やサービスを購入する際に、
キャッシュレス決済
(クレジットカード、
電子マネー、QRコード決済など)
によって代金を支払った場合に、
購入額の最大5%のポイントが
付与される制度です。

この制度の実施期間は、
2019年10月1日~
2020年6月30日の9ヵ月だけの
時限制度です。

利用店舗や使う予定の支払手段が、
この制度の対象となっているのか
どうかをあらかじめ
調べておく必要があります。

とくに、支払手段の種類は多く、
キャッシュレス決済であっても、
それが制度の対象であるか
どうかを、利用店舗側でも
把握できていないのが実情です。

そして、利用する店舗に、
経済産業省による対象店舗の目印
となるマークがある場合のみ、
この制度の恩恵を受けられる
ことになります。

ポイント還元制度が終わった後は、
マイナンバーカードへのポイント付与
などが囁かれているようですが、
まだ確定した訳ではありません。

また、10月以降のレシートなどに
記載が義務づけられる
「税率区分ごとの合計」は、
2023年(令和5年)10月に
実施される予定の
「インボイス方式
(適格請求書等保存方式)」
をにらんだ施策のひとつで、
今後予定されている税制改正に
少なからず関係してきます。

幾重にも重なる税制改正や制度が
一挙に押し寄せることが、
大きな混乱を招いている原因
といえることは明確。

ただ、“知らなかった”
“判らなかった”では済まされない
大切な内容です。

この際、税金について
イチから勉強する良い機会
なのかもしれません。