創業1659年。神戸・灘、清酒「菊正宗」の公式通販サイト

メニュー

日本酒通販の「《公式》菊正宗ネットショップ」は、灘五郷の魚崎郷(現在の兵庫県神戸市東灘区)で1659年(万治二年)に創業し、360余年にわたり丹波杜氏伝承の技・生酛(きもと)造りにこだわりつづけている酒蔵、菊正宗酒造が運営する日本酒通販サイトです。

キーワードから探す
おくりものを探す
食事から探す
カテゴリーから探す
ブランドから探す
分類で探す

創業1659年。神戸・灘、清酒「菊正宗」の公式通販サイト

菊正宗ネットショップ

  • お酒
  • 酒器・雑貨
  • おつまみ
  • ギフト
  • 化粧品

PCバナー SPバナー

毎日ぴかぴかすべっすべ「菊正宗 日本酒の洗顔料 200g」 「濃密&弾力泡が持続するので肌を直接こすらずに洗えます」 「日本酒の化粧水」シリーズ、ラインナップ充実。全8アイテム

たっぷり使えて、毎日ぴかぴか すべっすべ 「菊正宗 日本酒の洗顔料 200g」

商品番号 NKM36
2022年9月1日新発売
当店価格 ¥ 880 税込
[ 9 ポイント進呈 ]
販売期間

PCバナー SPバナー

『日本酒の洗顔料』がリニューアル。洗浄力&保湿力を改良しパワーUP★

■“セルロース”inで汚れ吸着洗浄力UP!
 モコモコ弾力泡で肌をすっきり洗いあげることで好評いただいている『日本酒の洗顔料』。発売から8年を迎えさらにパワーUPしました。スクラブ剤であるセルロースを配合することで、肌表面と毛穴の汚れ吸着力を高め洗浄力をUP。これまで以上にすべすべの洗いあがりで肌のザラつきをOFFできるようになりました。

■“スクワラン”配合でさらに保湿力UP!
 皮膚刺激がほとんどなく、肌なじみとエモリエント効果にすぐれたうるおい成分スクワランをプラス配合。オイルでありながらベタつきを与えずサラっと保湿し、洗いあがりの肌をしっとりやわらかく保ちます。

■米から作られる“日本酒”を配合
 化粧品がなかった昔から“日本酒”は水で薄めて化粧水代わりに使われていました。米からできる“日本酒”には、アミノ酸やビタミン・ミネラルといった肌にうれしい天然の美容成分が豊富に含まれています。日本酒は米を主食とする日本人にぴったりな成分です。

■3種の“アミノ酸”で肌のうるおいを守る
 日本酒に含まれるアミノ酸が保湿効果をもたらしていると言われています。日本酒に含まれる主要アミノ酸3種類に加えて美容成分プラセンタエキス・アルブチンも含まれているので、洗いあがりの肌がつっぱらずうるおいを守ります。

■200gの大容量♪首・腕・足・全身にも
 200gのビッグサイズなので、顔はもちろん全身用ウォッシュとしても惜しみなく使えます。たっぷり使えば使うほど、モコモコの弾力泡がクッションの役割を果たし肌をこすらずやさしく洗えます。

■日本酒の洗顔料の特長

  • ・うるおいを残して肌をすっきり洗いあげる、日本酒※(コメ発酵液・保湿成分)配合の洗顔フォーム。“セルロース”inで汚れ吸着洗浄力UP!
  • ・持続する濃密な泡が毛穴の奥の皮脂汚れまでしっかり落とし、肌のザラつきをOFF。洗いあがりがつっぱらずすべすべの肌に。
  • ・弾力泡がクッションの役割を果たすので、肌をこすらずやさしく洗える。
  • ・日本酒(コメ発酵液)・アミノ酸配合(保湿成分)で肌のうるおいを守る。
  • ・たっぷり使える大容量。全身用ウォッシュとしても。
  • ・ふわっと香る甘い日本酒の香り
  • ・無着色・無鉱物油
  • ※菊正宗の純米吟醸酒を配合

【商品スペック】

容量
200g
容器
プラチューブ
全成分
グリセリン、水、ミリスチン酸、水酸化K、パルミチン酸、ステアリン酸、ラウリン酸、PEG-32、PEG-6、ココイルメチルタウリンNa、コメ発酵液、グルタミン酸、アルギニン、ロイシン、プラセンタエキス、アルブチン、グリチルリチン酸2K、スクワラン、ポリクオタニウム-7、結晶セルロース、デシルグルコシド、ステアリン酸グリセリル(SE)、EDTA-4Na、トコフェロール、フェノキシエタノール、香料
ご使用方法
  • ・適量(約3cm)を手にとり、水またはぬるま湯でよく泡立ててからマッサージするように洗ってください。その後充分にすすいでください。
  • ※泡立てネットをご使用いただくと、よりきめ細かく弾力のあるモコモコ泡が作れます。
ご使用上の注意
  • ●本品は食品ではありませんので食べられません。
  • ●肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
  • ●傷、はれもの、しっしんなどの症状があるときにはお使いにならないでください。
  • ●使用中に赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみなどの異常があらわれた場合、また、使用後の肌に直射日光があたってそのような症状があらわれた場合は使用を中止し、皮フ科専門医などにご相談ください。そのまま使用を続けると症状を悪化させることがあります。
  • ●目に入らないようご注意ください。入った場合は、こすらずにすぐ洗い流してください。目に異物感が残る場合は、眼科医にご相談ください。
  • ●直射日光のあたる場所や、極端に高温または低温の場所には保管しないでください。
  • ●お子様の手の届くところには保管しないでください。