菊正宗は創業360年、会社設立100周年を迎えました。

普段使いの計算は「10進法」、時間や角度は「60進法」「12進法」。

私たちが普段使う四則演算
(足し算・引き算・掛け算・割り算)
に用いられているのは10進法です。

私たちの暮らしの多くの“計算”は、
この10進法を中心に進んでいます。

ところが、時間に関する事象について
は12進法と60進法が使用され、
角度も60進法が基準となっている
など、さまざまな「◯進法」が、
巧く共存して世の中は動いています。

10進法は、古代ローマ帝国が
ヨーロッパを席巻した際に、
大量の人や物資の計算が必要となり、
ラテン民族が使っていたものが
共通の命数法として採用され、
そこにインドからヨーロッパへと
伝わったアラビア数字による
10進法の“位取り記数法”が
大きく関わることで
一挙に広まったという説が、
さまざまある諸説の中で有力です。

一方、時間や角度に使われる
12進法と60進法には、大きく
天体の動きが関係しているとのこと。

その発端は、四大文明のひとつ、
古代メソポタミア文明において
バビロニア人が考案した
という記録が残されています。

バビロニア人は、
太陽の動きを観察して
60進法を考案しました。

そして、地球が1日で太陽の周りを
回転する角度を1度に定めて、
地球が太陽を1周する期間を1年
(=360日)と決めたところから、
円一周が360度となりました。

その後、1年は365日、正確には
地球が太陽を一周するのが
365.25日なので、4年に一度、
閏年(うるうどし)を設けること
により、誤差を調整していますが、
円は360度のまま
使用されています。

また、月の動き(満ち欠け)から
30日を1月と設定し、それが
12回繰り返すことで1年になる
ということも導き出されました。

天体を中心とした自然的事象において
は、60進法や12進法の方が、
しっくりとくるようです。

360年の歴史は、教科書で学んだ出来事が満載。

菊正宗酒造は、
2019年(令和元年)の今年、
創業360年を迎えました。

天体の動きによって導き出された
“時間”の積み重ねと考えると、
“360”という数字が重なる、
この360周年は感慨深いものがあり、
歴史の大きな節目ともいえます。

360年前の創業は、
万治2年(1659年)、
徳川4代将軍家綱の時代。

忠臣蔵で四十七士を率いた大石内蔵助
の生まれた年にあたります。

山田風太郎の小説「魔界転生」や
テレビ時代劇「江戸を斬る」などに
悪役として登場する“由井正雪”が、
幕府転覆を計画したのも
徳川家綱の時代。

当時の町の様相は、
小説やテレビのシーン描写で
窺い知ることができる
といえるでしょう。

1657年の「明暦の大火」で
江戸の大半が消失したため、
翌1658年に「万治」に
改元した時期でもあり、
ちょうど町の復興が
活気づいた時期とされています。

 

世界に目を移すと、創業と前後して、
ホッブスの「リヴァイアサン」刊行や
英国の王政復古、フックの法則の発見
、ニュートンの万有引力の発見
などが挙げられます。

これらの出来事を、
学生時代に学んだことを
思い出される方も
いらっしゃるのでは…。

創業以降、18世紀末には
樽廻船による“下り酒”が
江戸で人気を博し、
灘酒の名声は一気に全国区に。

さらに幕末。

神戸に設けられた「海軍操練所」には
、坂本龍馬や勝海舟、睦奥宗光などが
出入りしていたことから、
記録には残っていませんが、
ほど近い場所で酒造業を営んでいた
菊正宗のお酒を口にしたであろうこと
は、容易に想像できます。

創業から260年経った
1919年(大正8年)11月10日に
会社設立。

2019年(令和元年)は、
会社設立100周年にもあたります。

360年と100年の記念すべき節目
を同時に迎えるのが、
新たな元号制定の年というのも、
偶然が成せる技なのでしょうか。

昨今、さまざまな企業が100周年
を迎えることを耳にすると、
創業360年はあまりにも長く、
その歴史の多くを酒造に中心に
行えてきたことを考えると、
やはり真摯なまでに品質に
こだわってきたことへの“証”
であると自負しております。

酒粕は、もうひとつの“日本酒の楽しみ方”。

「酒粕」の賞味期限。

食品類に記載されている
「消費期限」と「賞味期限」の違い
をご存知でしょうか。

「消費期限」は、保存期間が短い
食品につけられる表示で、
お弁当や牛乳、肉、魚などの生鮮
を中心に“食べても安全な期間”
を示したものといえます。

そのため消費期限を過ぎたものは、
消費者判断にゆだねられますが、
それほど日持ちはしません。

一方、「賞味期限」は、
比較的保存が利く食品につけられる
表示で、食品メーカーが
“美味しく食べられる期間”
を保証したものです。

賞味期限を過ぎても、
しばらくは食べられます。

また、「消費期限」「賞味期限」
ともに、未開封で併記されている
保存方法を守ることが
前提の基準です。

「酒粕」に記載されているのは
「賞味期限」です。

アルコール分を含んでいるため、
雑菌が繁殖しにくく
腐りにくい食品といえます。

そのため保存が利く
食品に位置づけられ、
目安となる「賞味期限」は、
メーカーにもよりますが
6ヵ月ほどです。

未開封のものは
冷蔵庫に入れておくのが最適で、
開封後は、空気に触れないように
タッパ等に密閉して冷蔵、
もしくは小分けをして
冷凍保存がオススメです。

醪(もろみ)を搾った日本酒は、
火入れを1回または2回行うことで、
酵母菌を死滅させますが、
搾った後に残った「酒粕」には
火入れをすることは、
まずありません。

そのため「酒粕」には、
酵母菌や乳酸菌が多く
含まれています。

「酒粕」は熟成とともに、
色が変化します。

白からピンクへ、ピンクから黄色、
そして茶色へと徐々に変化し、
味が濃くなっていきます。

これは糖とアミノ酸が結合する
“メイラード反応”
と呼ばれるものです。

表面に白い粉や斑点が発生することが
ありますが、これは熟成が進むことで
発生するアミノ酸
「チロシン」が結晶化したもので、
食べても問題はありません。

茶色くなった「酒粕」に
茄子や瓜を漬け込んで“奈良漬け”を
つくられるご家庭もあります。

ただし、糠床のようにちゃんとした
丁寧な保存管理が必要。

酸っぱい臭いがして
糸を引いていたり、
「酒粕」の一部が溶けて
液化している、嫌な臭いがする、
味がおかしいなどの状態が見られる
場合は、廃棄するしかありません。

「賞味期限」については余裕を持った
期日が設けられていますが、
「賞味期限」がもっとも美味しく
食べられる期間です。

いずれのメーカーも、この期間内に、
美味しくお召し上がりいただくこと
を前提としています。

 

菊正宗 本醸造 酒粕900g

万能食材に位置づけられる「酒粕」。

菊正宗では、季節限定・数量限定で、
「酒粕」のネットショップ販売
を行っています。

11月に限定販売する
「生酛 本醸造 酒粕」、
2月に予約販売を予定している
「嘉宝 酒粕」「雅 酒粕」。

菊正宗 嘉宝 酒粕

とくに2月予約販売の「酒粕」は
菊正宗を代表する銘酒
「嘉宝」と「雅」を搾ったもので、
ギフトに最適の「酒粕」として
人気の商品です。

菊正宗 雅 酒粕

そんななか、長年にわたって
11月の「生酛 本醸造 酒粕」発売日
を、首を長くしてお待ち
いただいているお客様の声
も数多くいただいております。

普段使いの「酒粕」として
最適とのこと。

とくに粕汁に向いているようで、
アルコール分を多く含んでいるため、
身体が芯から火照り、
少しほろ酔い加減になるほどで、
お酒に弱い方やお子様が食べられる
場合は、十分に煮切ることで
アルコール分を飛ばす
必要があります。

また、車の運転にも配慮が必要です。

シンプルに表面を焼いて砂糖をつけて
食べるのもオツな食べ方。

この他、「酒粕」と味噌を
混ぜ込んだものを、
みりんや醤油、砂糖で味を整え、
そこに鶏肉や魚を漬け込んで、
冷蔵庫でひと晩寝かせたものを焼く
“酒粕味噌漬け焼き”。

「酒粕」とチーズを練り込んだ
“酒粕チーズケーキ”。

「酒粕」とチーズや蜂蜜を混ぜて
クラッカーに乗せた
“酒粕ディップ”。

「酒粕」と味噌や出汁を
組み合わせた“酒粕鍋”など、
料理レシピは工夫次第。

とくに味噌ベースの料理との
相性は抜群です。

また、“酒粕パック”や“酒粕風呂”など、
その保湿成分による美容コスメの分野
でも大活躍の食材です。

栄養価を多く蓄えた、美容&健康に
最適の食材「酒粕」は、
江戸の昔より受け継がれた
“先人の知恵”のかたまり
といっても過言ではありません。

長年にわたる口伝で
受け継がれた効能を、
最新の科学が証明していることから、
古くて新しい最先端の食材に
位置づけられるといえましょう。

消費税増税と背中合わせの「インボイス制度」。

クレジット購入の「領収書」は、領収書ではなかった。

クレジットカード払いで
商品を購入した場合、
基本的に領収書が発行されない
ということをご存知でしょうか。

厳密には、クレジットカードでの
販売は“信用取引”にあたり、
クレジットでの決済を行う時点では、
購入者は支払いを完了しておらず、
お店側も代金を受け取っていません。

領収書は代金を受領したことを
証明する書類なので、
この時点で発行する義務は
お店側にはないという訳です。

実店舗でのクレジット購入の場合に、
頼めば領収書を発行してくれる
ケースもあります。

これは、あくまでお店側のサービス
として行われるもので、
ここで発行される表題が「領収書」
であったとしても、
税法上は領収書とはみなされず、
“クレジットカードにてお支払い”
と明記されます。

そのため、5万円以上の支払いでも、
収入印紙を貼る必要はありません。

個人事業主やフリーランスの方が
クレジット払いをして、
税法上認められる領収書が
必要な場合は、お店側が発行する
「利用伝票」を領収書の代わり
として使用することができます。

ただし、その「利用伝票」には
次のことが明記されている
必要があります。
● 販売店の名前
(書類の作成者の名称)
● 商品やサービスを
購入した年月日
● 購入した商品やサービスの内容
● 購入金額
● 宛名
(書類を発行される者の名称)
この項目が記載されている
のであれば、
「利用伝票」でなく、
「レシート」でも、
領収書の代わりとなります。

…というのが、現在までの
「領収書」の規定でした。

消費税増税に並走する「インボイス制度」で、領収書が変わる。

ところが、10月1日からの
新消費税の施行に伴って、
その背景で大きな税制改正が
行われていることは、
一部を除いて、
あまり知られていません。

インボイス制度とも呼ばれる
「適格請求書保存方式」の施行
がそれで、新消費税10%と
据え置きの軽減税率が導入されること
で複数の税率が混在することによる
さまざまな混乱が予測されるため、
取引そのものの内容を明確にし、
軽減税率を悪用した不正防止
を目的としています。

インボイスは、広く
“送り状、納品書、請求書”を
意味しますが、
「適格請求書保存方式」
におけるインボイスとは、
請求書や領収書を指します。

現在使われている請求書との違いは、
明細ごとの適用税率、消費税額の
記載が義務づけられます。

また現在の請求書には発行義務は
ありませんが、インボイスには
課税事業者に対する交付義務があり、
不正交付に対する罰則規定も
定められるということです。

「適格請求書保存方式」は、
「区分記載請求書等方式」
という経過措置を経て、
2023年(令和5年)10月から
本格実施が予定されています。

経過措置となる
「区分記載請求書等方式」では、
現在の領収書記載内容に加えて、
次の項目の記載が必要となります。

● 軽減税率の対象品目である旨
(「※」印をつける等の方法により明記可)
● 税率ごとに区分して合計した対価の額(税込)

さらに「適格請求書保存方式」
が施行されると
「区分記載請求書等方式」
の記載内容に加えて、
次の項目の記載が必要となります。

●税率ごとに区分して合計した対価の額
(税抜または税込)および適用税率
●税率ごとに区分して合計した
消費税額等
(消費税額・地方消費税額の合計額)
●適格請求書発行事業者の登録番号

こうした領収書(請求書を含む)を
発行する側であるフリーランスや
法人格を持たない飲食、小売りなどの
個人商店は、この
「適格請求書保存方式」による
次のような影響が
少なからず出ると思われます。

まず、免税事業者、課税事業者
のいずれかの選択を余儀なくされ、
そして、多くの免税業者は、
経過措置となる
「区分記載請求書等方式」施行期間に
課税事業者への申請を
行うことになります。

さらに次のようなことへの
配慮が必要です。

● 年間売上1000万円以下の事業者
にも、消費税の納税義務が発生
(これまでは消費税が免除)
● 税率別に区分した記帳負担の増大
(請求書、領収書に
2つの税率に分けた記載が必要で、
帳簿記載にも税率を区分した
記帳による保存が原則)
● 課税業者は免税業者との
取引継続が困難に
(課税業者は取引先の選別
をせざるを得なくなる)

少し難しい税制改正ですが、
とくに領収書を経費として取り扱う
個人事業主の方にとっては、知らない
と大変なことになる内容です。

あとで困らないように、
経過措置の期間に、
深く勉強をしておくに
越したことはありません。

美味しい日本酒づくり…「二十歳の山田錦物語」第二章、稲刈り。

“秋雨の晴れ間”、稲刈り日和に恵まれて。

千葉県全域に大きな被害をもたらした
台風15号の傷も癒えないまま、
観測史上最大クラスの台風19号が
東日本を包み込むように直撃し、
数多くの一級河川の氾濫による水害が
甚大な被害を与えたことは、
記憶に新しいところです。

2019年(令和元年)6月9日の田植え
とともにスタートした
「二十歳の山田錦物語」
プロジェクト。

その次のステップとなる
“稲刈り”作業が行われたのは、
10月20日(日)のこと。

関東エリアほどの被害は
なかったものの少なからず
台風の影響があり、
長引く秋雨も懸念されました。

しかし、稲刈り当日は、
前日まで降り続いた雨も上がり、
昼頃には晴れ間も
顔をのぞかせる好天に。

まさに、農作業日和です。

山田錦は食米とくらべて“稈
(かん/稲や竹などの中空の茎
のこと)”が長く、
実る米の大きさも大きい
という特徴があります。

今年は、例年にくらべて
10cmほど稈が長く育ち、
雨が降り注いだため、
稲はやや倒伏ぎみ。

まさに“実るほど
頭を垂れる稲穂かな”
を地でいっている感が
ありましたが、
穂の部分が水に浸かって
いる訳ではなく、
稲刈りには好適な
タイミングとのこと。

たわわに実った稲穂を蓄え、
葉の緑と稲穂のこがね色の
鮮やかなグラデーションの波を
織りなしているかのようです。

参加した学生たちは作業着に着替えて
、生産者からのレクチャーを受けた後
、稲刈りをスタート。

鎌を手に田んぼへ入る者と
刈り取った稲を束ねる者に分かれて、
約2時間。

慣れない姿勢での作業に加えて、
前日までの雨で田んぼがぬかるんで
いたこともあり、かなり疲れた様子で
、言葉も少なめ。

それでも、参加した21名の学生たちは
やりとげた充実感による心地よい疲労
とともに田んぼ1枚分の稲刈りを
終了しました。

残っているもう1枚の田んぼの
稲刈りには、コンバインが登場。

コンバインは、“稲を刈り取り、
籾の脱穀、ワラの処理”
を一度にこなす農業機械。

なんとか余力の残っている
好奇心あふれる女子学生数人が
コンバインに乗り込んで、
稲刈り体験。

手作業よりはるかに早い
作業効率に驚くばかり。

脱穀後のワラは小さく裁断され
コンバイン背面から
田んぼに撒かれます。

これは、昔から伝わっている
“その田んぼで収穫したものを、
その田んぼに戻す”
という考え方で、
撒かれたワラ屑が腐って、
田んぼをより肥沃に
してくれるそうです。

ちなみに、刈り取って束ねた稲も、
このコンバインを通して脱穀し、
次の乾燥工程に進みます。

「二十歳の山田錦物語」は、心に刻まれる貴重な体験。

「二十歳の山田錦物語」
プロジェクトとは、
19歳以上の大学生が
田植えや稲刈りなどの
酒米づくりから、
収穫した酒米による醸造、
商品化までを体験する年間を通した
体験型のプロジェクトです。

参加しているのは、
県下5つの大学で農業や微生物、
醗酵を学ぶ学生を中心
としたメンバーたち。

そして、参加学生たちが
農作業に勤しむのは、
菊正宗が長年にわたって契約している
三木市吉川町前田地区の中で
“特A地区”。

普段なかなか足を踏み入れることの
できない、とても貴重なエリア
といえます。

「二十歳の山田錦物語」
プロジェクトは、
若い世代に酒米や日本酒に
触れる機会を設けることで、
伝統的な“日本酒文化”の
貴重な体験の物語です。

生産者組織「吉川町山田錦村米部会」
と兵庫県、三木市、JAみのり等が
手をとり
“二十歳の山田錦物語実行委員会”
を発足したもの。

この背景には、
明治から連綿と続く
酒蔵と生産農家との
「村米制度」があります。

酒蔵との酒米の契約栽培によって
培われた長年にわたる信頼関係により
、山田錦は最高品質の酒米として
育まれてきたことが、
このプロジェクトを実現した
といっても過言ではありません。

また、学生さんたちの
田植えや稲刈りなどの体験を
支えているのは、
プロジェクト期間中の田んぼを
日常的に管理する契約農家の協力
があってのお話です。

「二十歳の山田錦物語」
プロジェクトは、
1月半ばの醸造体験と
3月に入ってからの商品化の、
残すとこあと2回。

自分たちが造り上げた
「二十歳の山田錦物語」
を冠したお酒なので、
美味しくない訳はありません。

消費税増税に伴う「キャッシュレス・消費者還元」、利用されていますか。

現金大国・日本でキャッシュレス化は、どこまで進むのか。

この10月1日から消費税が
10%に増税されました。

ご存知のように、今回の消費税増税は
2%あがるという単純なもの
ではありません。

ややこしくしているのが、
食品ほか一部の商品やサービスに適用
される8%に据え置きの「軽減税率」
と、登録店舗でのキャッシュレス決済
に適用される
「キャッシュレス・消費者還元」
事業です。

「軽減税率」は数多くの議論が
なされていますが、
必然的に適用されるので、
消費者の意志を反映するとすれば、
“店内飲食か、持ち帰りか”
を選ぶ程度。

店側も店内飲食、持ち帰りの
税込価格を統一したり、
店内飲食のドリンクサービス
をつけるなどして、不公平感を
なくす工夫に努めています。

それに反して
「キャッシュレス・消費者還元」事業
は、消費者が意志を持って選ぶ制度。

もともと
「キャッシュレス・消費者還元」事業
は、消費税増税後の景気冷え込みの
防衛策という観点と、世界の主流
となっているキャッシュレス決済を
幅広く浸透させる目的で導入
された制度なのですが、
日本は世界でも有数の現金大国。

この
「キャッシュレス・消費者還元」
事業で、どれだけ消費者の
キャッシュレス化が進む
のかは未知数です。

また、制度の実施期間が
2019年10月から2020年6月30日まで
の9カ月間という時限施策なので、
一般に浸透するほどの
時間的な余裕もありません。

さらに、
「キャッシュレス・消費者還元」
の対象店舗は中小・小規模事業者に
限られるのですが、
ここに分類されている個人商店の
ポイント還元の加盟店が、
あまり増えていません。

申請に対する認可が追いついて
いないというのが、最大の原因ですが
、高齢者経営の個人商店や
小さなお店などでは、
設備投資やクレジット決済手数料負担
等の回避という意識が働き、
時限施策ということもあって、
“この時期さえ過ぎれば”という考えも
少なからずあるようです。

加盟店登録は2020年4月末まで受付中で、
対象店舗が探せるスマホ用
“ポイント還元公式アプリ”が配信される
など、現在よりは加盟店舗が増え、
ポイント還元の利便性については、
少なくとも今よりは高まる
ことと思われます。

とりあえずは、消費者にとって損のない制度。

「キャッシュレス・消費者還元」
事業の基本は、現金ではなく
キャッシュレス決済をされた方に
ポイント還元
(中小・小規模事業者店舗5%、
フランチャイズ店舗2%)
するというもの。

“5%なのか2%なのか”の
還元率を判断する場合に、
少し複雑な感はあるものの、
消費者にとっては、
決して損をすることはありません。

ポイント還元の加盟店舗については
、店頭に加盟店マークやポスター
を掲示しているので、
“よく利用するお店が加盟店なら、
キャッシュレス決済”
ということを心掛ければ、
「キャッシュレス・消費者還元」
の恩恵にあずかることになります。

決済に使うカードなど、
使える決済手段には、
次のようなものがあります。
●クレジットカード、
デビットカード
(VISA、JCB、Mastercardなど)
●電子マネー
(交通系プリペイドの
Suica、PASMOなど)
●QRコードスマホ決済アプリ
(PayPay、楽天ペイ、メルペイ、
Origami Pay、d払い、au PAYなど)
● モバイル決済
(いわゆる、おサイフケータイなど)

ここで
「キャッシュレス・消費者還元」
にあたり、いくつか注意しておくこと
があるので、もう一度
整理しておきます。
● 利用するお店が
「キャッシュレス・消費者還元」
加盟対象店かどうか
● 使用するカードなどの決済手段が、
「キャッシュレス・消費者還元」
に対応しているのかどうか。
● ポイント還元のタイミング
(引落相殺/即時決済/
利用カードポイントとして付与など)
● ポイント還元される上限ポイント
(多くは15,000ポイント/月)

菊正宗《公式》ネットショップでも、
キャッシュレスのご利用に対して、
5%の
「キャッシュレス・消費者還元」
に対応しています。

短い期間ですが、思った以上の
“チリツモ”を期待して、
賢くお得に利用してくださいませ。