強い陽射しの夏本番。「紫外線(UV)対策」は万全ですか?

梅雨の晴れ間に観える七色の光は、太陽光が持つ可視光線。

梅雨まっただ中、
鬱陶しい雨の日が続きます。

よほどの大雨や長雨とならない限りは
、農作物にとって大切な“恵みの雨”
で、この時期の潤いが
秋の豊作へと繋がります。

また、農業用水だけでなく、
生活用水などが大量に
貯水される時期なので、
ある程度の雨量は必要。

脅威となるかならないか、
自然とのバランスをとりながら、
私たちのくらしは成り立っています。

とはいえ、やはり雨が
長く降り続く合間に
顔をのぞかせる太陽の光は、
嬉しいもの。

そんな、“梅雨の合間の晴れ”
となった
6月26日(金)の午前10時頃、
関東上空の南の空に
“虹色に輝く雲”が現れました。

これは“環水平アーク”という
少々レアな自然現象です。

撮影された画像や動画が
SNSに投稿されると、
瞬く間に“神秘的”“綺麗”
“幻想的過ぎて怖い”など
感動の声と一緒に、一気に拡散。

一般的な虹は、
上空に向かって円弧を描くように
アーチ型に現れます。

この“環水平アーク”は、
雲にプロジェクションマッピングで
虹色を投影したように観えたり、
水平に虹色の帯が現れるなど、
比較的目撃されやすい
現象のようです。

虹は、雨上がりなどに
空気中の水滴が
太陽光を屈折・反射される
ことにより発生する現象で、
太陽を背にした反対側
で見える現象です。

一方、“環水平アーク”は、
雲などに含まれる氷晶が
太陽光を屈折・反射される
ことで現れる現象で、
太陽高度が高い3月から9月の
お昼前後に現れる現象
とされています。

いずれも、普段は“光”として
認識される太陽光が屈折により
可視化された七色です。

それぞれの光が持つ波長の違いで
“赤・燈・黄・緑・青・藍・紫”
の順に、長い波長から
短い波長へと並びます。

“赤”を超えて波長が長いのが、
目に見えない「赤外線」。

赤よりも外にあるという意味です。

この赤外線の一部の領域は
“遠赤外線”と呼ばれ、
細胞の中から温めることで
血行を良くしたり、
疲労回復に効果があるなど、
効能面が広く
知られるようになりました。

逆に、“紫”を超えて
波長が短いのが、
目に見えない「紫外線」です。

「赤外線」と同じように、
紫よりも外にある
という意味を持ちます。

とくにこの「紫外線」は、
英語で“ULTRA VIOLET RAY”、
略して“UV”。

皮膚ガンの発生や肌老化など、
「紫外線」が皮膚トラブルの要因
になると発表されて以降、
“UVケア”など肌対策が必要な
悪い面ばかりが
目立つようになりました。

しかし「紫外線」には、
カルシウムの吸収を高める
ビタミンDを体内に生成させる
効果もあり、それによって、
骨や歯を強くする、乳ガン予防、
皮膚の免疫組織を刺激して
慢性の皮膚疾患に効果があるなど、
有益な側面も忘れてはならない要素。

また、衛生面での“紫外線殺菌”
なども私たちのくらしに大切な恩恵の
ひとつといえるでしょう。

 

昭和の時代、夏の日焼けは健康な証でした。

昭和の時代、
「紫外線」はむしろ身体に良いもの
とされていました。

子どもたちの夏場の“日焼け”は
元気で健康な証とされ、
母子手帳でも
乳幼児への日光浴を推奨。

また、高度経済成長の波に乗って、
当時の化粧品メーカーなどは、
夏になると日に焼けた
女性モデルを起用したCMで
夏の開放感を謳っていました。

海水浴の砂浜では、
より綺麗に日焼けをするために
サンオイルを全身に塗っていた
時代でした。

そんな日焼け事情を
大きく変えたのは、
1985年(昭和60年)の南極上空の
「オゾンホール」に関する
科学論文の発表です。

それまでは、
地球を包むように取り囲む
オゾン層が有害な「紫外線」を
吸収するとされていました。

ところが、人体に無害とされた
フロンガスがオゾン層を
破壊していることが証明され、
フロンガス規制とともに、
「紫外線」から肌を守る
社会へと一転。

世界的なオゾン層保護の
取り組みを行った結果、
現在はオゾン層が
回復しはじめているとのこと。

また地球への悪影響を及ぼす
温室効果ガスの増加に伴う
地球温暖化により、
成層圏オゾン量の増加が
予測されているのは、
皮肉なことです。

これから「紫外線」が
強く降りそそぐ夏へとまっしぐら。

「紫外線」の影響は肌にとどまらず、
髪の毛や目、そして唇などにも
トラブルをもたらします。

肌への“UVケア”や“潤いケア”
などの対策をしっかりと
とることが大切なポイント
といえるでしょう。

夏の薄い色の洋服などは、
「紫外線」が生地を通り抜けて
肌に到達するともいわれています。

とはいえ、陽射しが比較的穏やかな
朝や夕方の適度な日光浴で、
「紫外線」の良い効果も
享受したいところ。

菊正宗の美容液や化粧水、乳液で、
お出かけ前やお出かけ後など、
万全の「紫外線」対策を
おとりくださいませ。

ポイント還元、間もなく終了。駆け込み注文、大歓迎です。

「キャッシュレス・消費者還元事業」、間もなく終了です。

昨年10月1日からの
消費税増税と一緒に施行された
「キャッシュレス・消費者還元事業」
が6月末で終了となります。

消費税増税後の景気冷え込みの
防衛策という観点と、
世界の主流となっている
キャッシュレス決済を
幅広く浸透させる目的
で導入された制度なのですが、
現金決済が主とされる日本で、
僅か9カ月間という
時限施策によってどれだけ
消費者のキャッシュレス化が
進むのかは未知数でした。

しかし、コンビニなど
日常使いでスマホ決済が
気軽に使われる機会も多く、
コロナ禍の自粛期間中の
不要不急の外出が控えられ、
食料品以外の買い物で
ネット通販を利用された方が増加。

当初の不安な滑り出しを考えると、
クレジットやスマホ決済などの
“キャッシュレス決済”を利用
された方が多かったようです。

さて、
菊正宗ネットショップにおける、
キャッシュレス・ポイント還元の対象
となる注文のタイミングは次の通り。

● 6月28日(日)23時59分
までのご注文分

厳密には、菊正宗ネットショップでは
ご注文をいただいた
翌日6月29日(月)に受注処理を行い
、6月30日(火)の出荷となります。

また、お届け日指定についても
7月1日(水)が適用リミット
(6月30日(火)出荷、
翌7月1日(水)配達)です。

せっかくのポイント還元、
注文時に割引が受けられるよう、
ご注意を。

また、2020年9月から
2021年3月末まで、
マイナンバーカードを活用した
キャッシュレス・ポイント還元事業
“マイナポイント”が登場すること
が予定されています。

こちらは概要が届き次第、
紹介させていただきます。

 

ご注文期限は、あと僅か。菊正宗ネットショップを賢くご利用ください。

「キャッシュレス・消費者還元事業」
の終了まで、あとチョット。

菊正宗ネットショップでも、
お得なセット商品や
ネットショップ限定販売商品など、
多数取り揃えております。

せっかくポイント割引が
受けられるのですから、
この絶好の機会に
ご利用いただければ幸いです。

このタイミングのオススメ商品
をいくつかご紹介します。

ちょうど狙い目は、
「菊正宗 お父さんごきげんセット」。

父の日ギフト用に準備したセットで、
残りはあと僅か、
完売次第終了となります。

前回のコラムで紹介したように
世界の権威ある
コンテストで認められた
「しぼりたてギンパック」をはじめ、
他の“しぼりたてギンパック”
シリーズと、
お酒に合う旨いおつまみを
取り揃えたセットです。

元々、お得なセット価格から、
さらにポイント還元されるので、
狙わない手はありません。

またネットショップ
限定販売商品なら、
シェリーの香りを纏ったレアな日本酒
「シェリー樽貯蔵 大吟醸」
をはじめ、
20歳を迎える学生たちが
田植えをした酒米を使用し、
醸造にまでかかわった
「菊正宗 超特撰 20歳の山田錦物語」、
酒米の王者・山田錦
の遺伝子を受け継ぐ、
希少な幻の酒米・兵庫恋錦で醸した
「菊正宗 兵庫恋錦 特別純米酒 原酒」、
深いコクの白く濁った
“澱(おり)”が特長の
「菊正宗 上撰 純米にごり酒 絹白」
など、この機会に一度試してみたい
特別な日本酒も盛りだくさん。

ポイント還元されるいま、
チャレンジしてみてはいかがですか。

繰り返しとなりますが、
キャッシュレス・ポイント還元事業終了
に伴って、ポイント還元が
付与されるリミットは
“6月28日(日)23時59分までの
ご注文分”まで。

ネット回線の不具合などにより、
せっかくの注文が間に合わなければ、
元も子もありません。

日が変わるギリギリを避け、
少しだけ余裕をもった
購入手続きをお願いします。

あと僅かのポイント還元チャンス、
賢くご利用ください。

コロナ禍で塞ぎ込みがちな気持ちを癒した、「サブスク」サービス。

自粛生活を充実させた「サブスク」という新しい言葉。

コロナ禍の自粛生活で困ったのが、
日々の買い物でした。

生活に最低限必要な
食料品を中心とした買い物は、
まとめ買いなどによって
買い物回数の軽減を
心がけた方が多く、
また食料品以外の買い物については、
ネット通販を活用する方が
増加傾向に。

というのも、
昨年の消費税増税と一緒に
ポイント還元事業として導入された
“○○ペイ”の
キャッシュレス・スマホ決済が
コンビニ利用などで浸透しており、
それまで通販の経験が
なかった方々も、割と気軽に
ネット通販を利用したようです。

今年の6月末で
ポイント還元事業が終了するので、
自粛期間中の必要に迫られた
買い物はもちろん、
駆け込み需要的に
消費が伸びたといえます。

つまり、ネットショップ独自の
割引キャンペーンなどに加え、
さらに2%もしくは5%が還元される
ことが、ネット通販の
後押しをしたという見方があります。

そして、自粛期間中の“娯楽”を
支えたのは、月々定額で
過去の映画やテレビドラマが
見放題というサービス。

外出もままならず、
DVDレンタルショップも休業、
暇な時間を持て余す自宅で、
観そびれた映画を
まとめ観という方も多く、
新規会員登録が急増したといいます。

このサービスが、
最近よく耳にする「サブスク」です。

「サブスク」とは
“サブスクリプション
(subscription)”の略語で、
“予約購読”“定期購読”“会費”
などの意味を持ちます。

具体的には、
月極や年契約などにより、
商品を購入して所有するのではなく、
契約期間内だけ
利用権を持つということ。

最近になってさまざまなメディアで
聞かれるようになった
新しい言葉ですが、
実は昔からある消費形態のひとつです。

新聞の定期購読や通販の頒布販売、
インターネットのプロバイダ契約
なども、昔から続く
「サブスク」の消費形態です。

今後の生活は、
ウイルスを封じ込める
ワクチンが開発されるまで、
“with コロナ(コロナとの共存)”
が続きます。

そんな制限を盛り込み済みの
“ニューノーマル(新しい常識)”
時代に、新しい価値観を提案する
「サブスク」が注目されているのは、
時代が新たに生まれ変わる
という期待があるのかもしれません。

 

「サブスク」サービスに、拡がる新しい可能性に期待は高まります。

「サブスク」が
注目を集めているのは、
新しい消費スタイルとして
“サブスク”という新しい言葉が
一気に拡散した点にあります。

そして、新型コロナ禍の影響で
世界全体の経済が不安定になる
ことが予測される中、
大きな初期投資がなく、
少ない定額で豊かな生活を
実現するのは魅力的。

つまり“物を所有する”から
“物を使う権利を得る”へと
「物」に対する価値観が
変わろうとしています。

また、「サブスク」を取り扱う
業種が爆発的に増えている
ということも、話題になった
大きな要因のひとつに数えられます。

「サブスク」のサービスは、
それを提供する会社によって、
契約する内容は多少異なりますが、
おおむね次のような、
魅力的なサービスを提供しています。

    • 自動車のサブスク

月々の定額+駐車料金+ガソリン代で
車に乗れるサービス
(頭金・ボーナス払いなし、
整備費・車検代・保険料込み)

    • 住宅のサブスク

月定額で
全国に点在する住宅に住み放題
(敷金・礼金・保証金・初期費用なし、
キッチン・調理道具・家具・
洗濯機・寝具・Wifi等完備、
同伴者の滞在可能)

    • 家電・家具のサブスク

月定額と送料で家電・家具を導入。
初期投資なし、商品ごとに
設定された利用期間を超えれば、
借り換え可能。
部屋の気軽な模様替えや
使いたかった家電も短期使用可能など。

    • 洋服のサブスク

大人から子どもまで、
トレンドの洋服のレンタルサービス。
季節ごとの新しい服の借り換え、
着物や浴衣の期間限定レンタルなど
業者独自のサービス展開。
大きな衣替えが不要で、
“タンスの肥やし”が
大きく減ります。

    • ベビー用品

子どもの成長に応じて、
必要な服やグッズをお得に借り換え。

    • 定額クリーニング

月々定額で、使い放題の
宅配によるクリーニングサービス。
平日に着る20枚のワイシャツを
クリーニングとセットで
利用できるサービス業者もあります。

    • 食材を定額で提供

季節ごとの有機野菜の詰め合わせ、
肉のお得な詰め合わせ、
旬の鮮魚が毎月届くなど、
食に特化したサービスも多数。

このほか、飲食店の月極飲食サービス
や定額弁当の宅配、
定額家事代行サービスなど、
工夫次第でありとあらゆる業態で
「サブスク」展開は可能に。

多様化する消費スタイルが
新しい時代の訪れを
感じさせてくれます。

菊正宗でも
こうした時代の流れを意識して、
お客様の利便性を考慮した
サービスをご提供できないかと、
目下検討中。

あっと驚くような
サービス提供にご期待ください。

沈静化したコロナ禍がもたらした“新しい生活様式”。

子どもの頃からの習慣が功を奏した、緊急事態宣言の解除。

新型コロナの感染拡大を防ぐために
4月7日に発動された
“緊急事態宣言”が、
5月25日に
全国的に解除されました。

5月14日に全国39県、
21日に兵庫、大阪、京都の3府県、
25日に東京、神奈川、埼玉、千葉、
北海道の5都道県が解除され、
日本全国は約1ヵ月半ぶりの
自粛生活からの解放です。

解除されるまでの間は、宣言による
“3密(密閉、密集、密接)”
を避けるための措置である
“ステイホーム(自宅待機)”
の呼びかけに従い、
街を出歩く人の数はまばらで、
休日の観光地や繁華街も
静寂に包まれていました。

日本人の多くは、子どもの頃より
ルールや規律を守る
という教えに忠実です。

こうした自粛要請でも、
子どもの頃より染み付いた
ルールを守るという意識が
働くようで、それが
コロナ禍の沈静化に繋がっています。

外国の方が驚くのが、
小学校生活で、給食の配膳を
子どもたちが順番に行い、
授業が終わった後に、子どもたちが
協力し合って掃除をする姿。

それが強制されているというよりは、
無駄話をしたり、サボったりする
子どもたちもいる中で、
ルールとして取り組んでいる
ということです。

そうした子ども時代を過ごした
日本人ですから、
“緊急事態宣言”下にあっても、
ちゃんとルールを守った
ゆえの結果に違いありません。

自粛期間中の仕事については、
数多くの企業や職場ごとに、
人との接触を避ける
取り組みが行われました。

そして、テレワーク
(遠隔的な自宅での業務遂行)や
時差通勤、出勤者のシフト管理など、
新しいワークスタイルが徐々に定着。

当初は、時間はあるのに
外に出かけられないというストレス
の声が数多く聞かれましたが、
自宅で過ごすうちに
自粛生活にも慣れ、
“緊急事態宣言”解除後には、
通常業務の会社に戻ること
の不安が募る“自粛ロス”
という方も大勢いたようです。

また、解除後も、国の専門家会議
からは、再度感染が拡大する
“セカンドインパクト”
を視野に入れ、
これから先の長期戦に備えた
“新しい生活様式”
という考え方が示され、
3密を避ける対策の現状維持や
マスク着用などは、
引き続き継続されていく模様です。

とりわけ、テレワークになったことで
、それまで実現する機会が少なかった
ノートPC画面を通したWEB会議も
当たり前のように実施されることに。

コロナ禍がビジネスを
一歩進めた皮肉な一面といえます。

また、同じくWEBを通して
仲間が集うオンライン飲み会など、
新しいコミュニケーションスタイル
も誕生しました。

やってみると楽しいということで、
菊正宗ネットショップにも、
オンライン飲み会で
みんなに自慢する
特別なお酒の注文を
いただいています。

 

自粛生活後も、ルールを守ってリスタートへ。

自粛期間中の外出は、
“不要不急”が基本で、
食料を中心とした
買い物に出かける程度。

それ以外の多くのお店は閉まっていた
ので、“衣類などの買い物は、
もっぱらネット通販で”という、
新しい消費スタイルにも
慣れることとなりました。

“緊急事態宣言”が解除された
とはいえ、ウイルスの感染は
沈静化したに過ぎず、
コロナ禍前の生活に
戻ることはできません。

必然的に、
自粛時の生活スタイルを意識した
“ニューノーマル(新しい常識)”
と向き合った生活が大切である
と認識しなければなりません。

とはいえ、“緊急事態宣言”解除後、
少しずつですが、
街に活気が戻りつつあります。

驚くのは飲食店をはじめ、
さまざまなお店で、工夫を凝らした
自発的な感染防止対策が
講じられていること。

“ソーシャルディスタンス”
を考慮した距離を取る
導線表示や客席配置、
ビニールシートを活用した
飛沫防止対策、店舗入り口での
アルコール除菌や体温確認など、
店舗規模に応じて、できる範囲内で
対策を行うさまざまなお店。

また、外国の方が経営するお店でも
同様の対策が講じられており、
その真摯に取り組む姿勢があってこそ
の解除ということが伝わってきます。

制限がある中、さまざまな実店舗が
リスタートを切りました。

かつて経験したことのない、
ここ数ヶ月の生活。

ある意味、
加速度的に進化する社会の流れに、
一度立ち止まって
見直す機会なのかも知れません。

“新しい生活様式”が生み出す
“ニューノーマル(新しい常識)”を
受け入れる準備はできていますか。

京都の老舗『祇園 原了郭』(ぎおん はらりょうかく)の“黒七味”に秘めた一子相伝の“技”。

ご存知「忠臣蔵」と関係深い300有余年の歴史を刻む老舗。

「忠臣蔵」で有名な
赤穂四十七士のひとりを“祖”にする、
香煎・薬味の老舗が
京都・祇園にあります。

その名も『祇園 原了郭』、
300有余年続く人気の名店です。

“祖”とされるのは、
足軽頭として表門隊に配備された
原惣右衛門元辰
(はらそうえもん もととき)。

吉良邸討ち入りの際、
大石良雄を助ける参謀格として、
主君浅野内匠頭の仇討ち
を果たした後、切腹。

56年の生涯を閉じました。

この原惣右衛門元辰を父に持つ
原儀左衛門道喜が出家して“了郭”
と号し、1703年(元禄16年)に、
祇園社(八坂神社)の門前に
香煎を供する茶店を開いたのが
『祇園 原了郭』の原点です。

貞信都名所之図 祇園社西門
貞信都名所之図 祇園社西門

当時の様子は、江戸時代の木版画
「貞信都名所之図 祇園社西門」
に描かれ、その中に
“御香煎司 原了郭”という文字を
読み取ることができます。

『祇園 原了郭』の
創業以来の看板商品は、
徹底してその品質にこだわる
一子相伝の独自の製法による
「御香煎」(おこうせん)です。

香煎は、
漢方薬の原料にもなっている
陳皮(ちんぴ)やウイキョウ、山椒
などを独自の製法で配合し、
香ばしく煎って粉末状にしたもの。

白湯(さゆ)に浮かべて、
その香りを楽しみます。

香煎そのものの歴史は古く、
江戸時代に街道の
宿場や茶屋に置かれ、
旅人を癒したとされています。

現在、『祇園 原了郭』では
“御香煎”をはじめ全5種が販売され、
茶事や料亭で最初に出される飲み物
など、幅広く重宝されています。

「御香煎」と並ぶ、
もうひとつの看板商品が約100年続く
「黒七味」(くろしちみ)です。

これは11代目が
香煎の原料に含まれる山椒に着目した
ことが最初で、いまでは「御香煎」
をしのぐ人気商品となっています。

12代目の時には“七味とうがらし”
という名で販売され、
現13代目になり
「黒七味」ブランドを確立しました。

商標登録にあたっては、
一子相伝ということで
その細かい原材料を
あかしていないこともあり、
商標登録出願から
約12年もかかったといいます。

それだけ大切に取り扱っている
商品への慈愛を感じさせてくれます。

 

 

老舗のこだわりが磨き上げた「御香煎」と「黒七味」。

長い歴史を持つ京都の老舗、
厳格な敷居の高さを覚悟して伺った
『祇園 原了郭』本店は、
創業当時と同じ
八坂神社へと続く四条通沿いの
祇園エリアの中心に位置しています。

この祇園本店に続いて、
2012年(平成24年)、
縄手通に『Ryokaku』をオープン。

その店頭は、1847年(弘化4年)版
「二千年袖鑒
(にせんねんそでかがみ)」
に掲載されている
江戸時代の『祇園 原了郭』の茶店の
佇まいを再現したものです。

その新しいお店で、
現在13代目を数える当主“原悟”氏の
奥様の原美香さんが、満面の笑顔で
お出迎えくださいました。

「黒七味」「御香煎」ともに、
親から子へと一子相伝で、
その原材料の配合や製造技法を
継承されたものです。

漢方由来の自然素材であるが故、
気候や土壌環境によって
その生育状態は異なります。

丹念に揉み込むなかで、
生きた素材の状態を瞬時に見極め、
匂いや手触り、音などの五感を
研ぎ澄ましてして、
仕上がりをイメージして
素材に寄っていく…
まさに、職人の成せる“技”。

それまで代々行ってきたように、
すべての調合を
13代目自ら手作業で行い、
その現場に入ることを許されている
のは次の当主として予定されている
現在高校生の14代目のみという
厳格なしきたりがあるといいます。

繊細な五感を持つ血筋
であろうことは、
300有余年の歴史から想像できますが
、子どもの頃から当主の“技”を
垣間見て育ち、作業場に漂う
独特な空気感や立ち込める香り、
舌にヒリヒリと感じる味わいなど、
環境そのものが
次の当主を育てるのでしょう。

開封した際に“さすが”と感銘いただく
商品でありつづけるため、
賞味期限は3ヵ月が目安。

水分を含んでいないので、長期保存は
冷凍庫がおすすめとのことです。

近年、「黒七味」を名乗る類似品が
市場に出回っていることに
苦慮しつつも、

“そう簡単に真似できるようなもの
ではありません。お客様が、
そちらの味を好まれるのであれば、
それはしかたがないこと。”

と、老舗ならではの懐の深さ。

類似品を購入されたお客様のクレーム
にも丁寧に応対されているそうで、
これが長年愛される製品を
送り出している老舗の矜持
と納得しました。

販売を一手に引き受けているのは、
奥様の美香さん。

ソーセージや餃子、味噌汁、また
チョコレート、あられなどにつけて
食べると、驚くほど味の変化を
楽しむことができるといいます。

こうしたアレンジレシピを、
広めるのが目下の目標。

とくに料理の幅が
大きく広がっている現在、
欧風や中華など、
アレンジは無限大です。

これまで、さまざまな企業からの
依頼を受けて
『祇園 原了郭』黒七味を原材料
として提供された実績のひとつに、
オーガニックに強いこだわりを持つ
2014年に創業したグラノーラ専門店
『COCOLO KYOTO』があります。

『祇園 原了郭』店内に、
『COCOLO KYOTO』が製造する
「黒七味ナッツ」のコーナーを
設けておられることを見ると、
同じ京都に存在する
若いお店を応援される
老舗の包み込むような優しさを
垣間見たような気がしました。

2020年2月の取材時は、
いつもとくらべると
閑かな京都市街でしたが、
昔の佇まいを思い起こさせる
ような気がしました。

冬の寒さ厳しい京都にあって、
歴史を重ねた熱い想いに
感銘を受けたひとときでした。

次回、グラノーラ専門店
『COCOLO KYOTO』の話題
へと続きます。