「ミョウガ」の“旬”は、初夏から秋にかけて。夏バテ解消にも効果あり。

「ミョウガ」を食べるのは花穂の部分。
希少な“ミョウガタケ”も、ぜひお試しあれ。

「ミョウガ」の“旬”の時期が到来。

これから秋にかけて、
「ミョウガ」が美味しい時期で、
この“旬”の「ミョウガ」を
楽しみにしている方も
たくさんおられるようです。

しかし、
独特の食感やクセのある香り、
苦味のある味を敬遠される方も
少なからずいます。

「ミョウガ」は、
いわゆる1年中食べられる
通年野菜のひとつで、よほどの
「ミョウガ」好きでない限り、
薬味や刺身のツマで
食べられることの方が多い
香辛野菜といえます。

「ミョウガ」は、
ショウガの仲間です。

ショウガは地下茎を刻んで
食べるのに対して、
「ミョウガ」は地下茎から伸びて
土から顔を出した花穂を
摘み取ったものが食用となるため、
別名“花みょうが”
とも呼ばれています。

土から顔を覗かせるタケノコと
収穫時のイメージは
似ているかも知れません。

「ミョウガ」の断面も、芯を中心に
タケノコの皮のように幾重にも包まれ
花芽ができていきます。

「ミョウガ」を
食べるのは日本だけで、
食用として栽培しているのも
日本だけとされています。

高知のハウス栽培により
通年出荷されているものが
年間生産量の約9割を占め、残りは
秋田、奈良、群馬、和歌山など、
“旬”に味わう
露地栽培の「ミョウガ」です。

夏に“旬”を迎える「ミョウガ」は、
爽やかな香りが増し、
味が濃くなるのが特徴で、
“夏ミョウガ”とも呼ばれます。

そのまま“旬”の時期を継続しながら、
花穂がより赤く染まり、ふっくらと
肉づきが大きくなる“秋ミョウガ”の
10月頃まで、店頭に並びます。

また、“ミョウガタケ”という
「ミョウガ」の名を冠したものも
あります。

焼き魚などに添えられている
“はじかみショウガ”に
よく似ていますが、まったくの別物。

「ミョウガ」は
地下茎が広がって成長し、
そこから伸びた花穂を食べることが
ほとんどなのですが、
地表で伸びている葉がついた
“偽茎”と呼ばれる部分に土を盛る
“軟白栽培(日に当たると
赤くなるので土で覆う)”
を行って“ミョウガタケ”を
生産する生産者もいます。

具体的には、露地栽培によって
根株を大きく育てて、
ムロに植え替え、
収穫までに1年半もの時間がかかる
大変な栽培方法。

時間がかかるうえ、途中、
2度ほど太陽光に当てて色を付け、
併せて、背の低いムロで育てるなど、
手間暇のかかる栽培方法なので、
「ミョウガ」とくらべて、
出荷数はかなり少なめです。

店頭に並ぶのも稀な
希少野菜ともいわれ、
その生産の約半数を宮城、
約1/3を京都が占めています。

「ミョウガ」よりも
香りや風味がやさしく、
シャキシャキした食感が特徴で、
“旬”は春頃。

あまり市場に出回らないので、
「ミョウガ」好きの方は、
店頭で見かけたら、
ぜひ食べくらべしてみてください。

 

京都_赤山禅院_十六羅漢像

夏バテ解消の栄養価が高い「ミョウガ」。
薬味で楽しむだけではもったいない。

「ミョウガ」にまつわるお話として、
“ミョウガを食べると、
物忘れがひどくなる”
というのがありますが、
これはまったくの迷信です。

この話は、
“周利槃特(しゅりはんどく)”
というお釈迦様の弟子が発端で
生まれた話とのこと。

彼は自分の名前も覚えられない
物忘れがひどい人物で、
彼のお墓から生えたのが
「ミョウガ」であったことから、
「ミョウガ」を食べると
物忘れをするという迷信が
生まれたとされています。

実際の「ミョウガ」は、
物忘れどころか、
かなり栄養価の高い食材です。

あの独特の赤紫色は
“アントシアニン”によるもので、
この成分には抗酸化作用があるため、
活性酸素の増加や
筋肉疲労を抑制する効果があります。

つまり、夏バテによる
身体の疲労を改善する効果が
期待できるというもの。

血圧上昇の抑制や血流を促進する
“カリウム”が豊富で、
夏場の水分の摂り過ぎによる
ムクミの緩和にも効果的です。

独特の香り成分の“𝛼ピネン”は
胃液の分泌を促すので
食欲増進の作用があり、
発汗や血液循環を
促進する働きもあるため、
冷房による冷えやムクミの改善に。

また、“カンフェン”の抗菌作用や
抗炎症作用は夏風邪予防に
繋がるとされています。

さらに辛味成分の
“ミョウガジアール”にも、
血流促進や抗菌作用があります。

これほど、
夏バテ解消に効果が期待できる
「ミョウガ」を、薬味としてだけで
食べるのはもったいないお話です。

「ミョウガ」嫌いは、
子供の頃に食べたイメージで
敬遠している方が多いと聞きます。

大人の味覚となった今なら
食べられるかも知れません。

そんな方にオススメなのが
天ぷらです。

甘みのあるカボチャやサツマイモ、
コーンなどと一緒に、少し苦味のある
「ミョウガ」の天ぷらに
チャレンジしてみては、
いかがでしょうか。

「芒種」に見られるゲンジボタルは、世界でも珍しい希少種。

「芒種」の次候「腐草為蛍」。
平安時代、すでにホタルは夏の風物詩でした。

立春を始まりとする二十四節気で、
今年は6月6日から6月20日までは
「芒種(ぼうしゅ)」にあたり、
次の「夏至(げし)」辺りから
夏本番へと向かう、
大きく季節が変わる節目といえます。

「芒種」の“芒(のぎ)”とは、
米や麦などイネ科の植物の
穂先に生える針のような毛のことで、
“芒”を持つ米や麦などの穀物の種を
蒔く季節を表しているのですが、
実際の種蒔きは、
これよりも早い時期に行います。

二十四節気を三分割した七十二候だと
このコラムが掲載される時期は、
ちょうど「芒種」次候の「腐草為螢
(くされたるくさ ほたるとなる)」
の頃。

この意味は、
川辺の雑草が暑さによってしおれ、
それが折り重なって
蒸れて腐った草の隙間から、
ホタルが光を放ちながら
飛び立つ姿を見て、
朽ちた草が蛍になるという情景を
表した言葉です。

実際には、
昼間でもホタルは葉陰などに
生息していますが、
ホタルの生態など知られていない
昔のこと、
夜を明るく照らす街灯などはなく、
暗い漆黒の夜に
幻想的な光を灯すホタルは、
不思議な自然現象のひとつだった
のかも知れません。

ホタルの別名が“朽草(くちくさ)”
ということからも、
当時のホタルに対する捉え方が
分かります。

さて、ホタルの歴史を辿ってみると、
奈良時代の「日本書紀」に
“蛍”という文字が
初めて登場します。
しかし、この時代に
ホタルが存在していたかどうかは
不明。

というのも、ホタルのことを
ハッキリと説明する文献がないのと、
ホタルの化石が
発掘されていないからです。

ところが、平安時代には、
“万葉集”や“源氏物語”に、
ホタルが水辺にいて光るものと
表記され、
また、“枕草子”では
“夏は夜。
月のころはさらなり。
やみもなほ、
蛍の多く飛びちがひたる”
と、もうすでに夏の風物詩として
ホタルは知られていたようです。

江戸時代になると、
浮世絵にホタル狩りの情景などが
当たり前のように描かれ、
“ホ、ホ、ホ〜タル来い”という
お馴染みのわらべ唄が歌われるほど、
ホタルの存在感は
大きくなっていました。

もしかすると、
都市化が進んだ現在よりも、
江戸時代のホタルは、
ポピュラーな存在だったのかも
知れません。

世界の希少種ともいえる、ゲンジボタルは“水生ホタル”のひとつの種類。

世界には約2000種以上のホタルが
生息しています。

そのほとんどが、
幼虫時代を陸上の湿地で過ごす
“陸生ホタル”で、
幼虫時代を水中で過ごす
“水生ホタル”は、
世界でもわずか10種ほど。

ところが、日本でよく見られる
ゲンジボタルやヘイケボタルは
“水生ホタル”という、
世界でも珍しい
ホタル分布エリアなのです。

ちなみに日本には
約50種類のホタルが生息。

その生息域のほとんどが
南西諸島に集中しており、
九州、四国、本州に生息するのは
9種類。

そしてその多くが、
ゲンジボタル、ヘイケボタル
ということになります。

日本でホタルといえば
ゲンジボタルを指すほど一般的で、
本州以南に生息する日本固有種です。

ゲンジボタルが見られるのは
5月から7月にかけてのこと。

赤い頭部に
黒い十字模様があるのが特徴で、
きれいな水が流れる川辺に生息し、
曲線的に飛びます。

メスは1秒に1回発光しますが、
オスの発光の間隔は、
関東と関西では異なるという
おもしろい調査結果が。

関東では4秒に1回発光するのにくらべ
関西では2秒に1回と、
やや短めの発光間隔。

これは遺伝子の違いによるものが、
それぞれの地域で繁殖したため
とされています。

一方、ヘイケボタルは、
ゲンジボタルよりも後から発見された
種類。

ゲンジボタルより身体が小さく、
発光も弱いため、
源平合戦で負けた平家の名称を
冠したという一説が有力のようです。

ヘイケボタルの幼虫は
水の流れが少ない水田や池、沼で
成長します。

成虫はゲンジボタルよりやや遅い
7月から8月にかけて活動を開始。

前述したように
ゲンジボタルよりひと回り小さく、
赤い頭部に
黒くて太い縦の線があるのが特徴で、
直線的に飛ぶところが、
ゲンジボタルとは異なる点です。

また、
発光間隔はオスメスともに1秒に1回で
光は弱く、儚さを感じるほど。

都市部で生活していると、
ホタルを見かける機会は
なかなかありませんが、
郊外に足を運ぶと、
意外とさまざまな場所で
ホタル狩りを楽しめるスポットが
あります。

これは、山間部や農村部エリアの
町おこしとして“ホタルの里”を
進めていることも多く、
そういうエリアでは、
川をきれいにして
ホタルが生息しやすい環境を整備し、
ホタルの幼虫や餌となるカワニナを
放流し、
ホタルの繁殖を
行なっているようです。

成虫になってから、
1週間から10日しか見られない
ホタルの儚い光に、
さまざまな思いを馳せて。

ホタル狩りは、
人生100年時代ともいわれる
今を見つめる、
いい機会ともいえます。

「父の日」ギフトは、嬉しいお父さんの笑顔を想像できるかどうかが決め手。

冷酒を注ぐと盃の底に絵が浮かぶ“冷感盃”。
限定販売のレア・アイテム。

毎年6月の第3日曜日は「父の日」、
今年(2022年)は6月19日です。

毎年恒例ともなった、菊正宗の
“いつもありがとう、の感謝を伝える”
「父の日」ギフトですが、
今年もお父さんの喜ぶ笑顔が
思い浮かぶようなセット商品が
ラインナップされています。

まず、注目したいのは、
菊正宗の“顔”ともいえる
嘉宝蔵ブランドのトップに並び立つ
「嘉宝蔵 雅」と「嘉宝蔵 極上」に、
オリジナル「冷感盃」をセットにした
「オリジナル盃 雅・極上セット」です。

とくに今回の目玉は、
素朴な白地の盃に、
約17℃以下の冷酒を注ぐと
盃の底に絵柄が浮かび上がる
不思議な「冷感盃」。

温度変化に敏感な
特殊な塗料で絵付けをしたもので、
父の日ギフトのために
特別に準備させていただいた、
ここでしか手に入らない
レア・アイテムです。

浮かび上がるのは、
菊正宗所蔵の
「清酒菊正宗
酒者天之美禄
唐子人形酒造絵図」
から抜粋した、
“唐子人形”と呼ばれる
中国風童子のコミカルな絵柄。

この
「清酒菊正宗
酒者天之美禄
唐子人形酒造絵図」
は、幕末から明治へと
時代が移り変わる時期に描かれた
貴重な額装図版で、
米洗いから新酒ができあがるまでの
酒造りの一連の流れを、
工程ごとに“唐子人形”を使って
図案化したものの組み合わせで
構成されており、
今回はその一部の
甑(こしき)を使った
“蒸米”の工程が
盃の底に浮かび上がります。

また、このセットの日本酒は
どちらも菊正宗が誇る
嘉宝蔵ブランド商品です。

嘉宝蔵ブランドは、
熟練した丹波杜氏による、
昔ながらの丹精込めた
生酛造りによる酒造りを継承する
季節蔵“嘉宝蔵”で、懇切丁寧に
旨いお酒を醸しているのが
特徴といえます。

「嘉宝蔵 雅」は、
原料米に菊正宗と
長年にわたって契約栽培を行っている
兵庫県吉川特A地区で収穫された
酒米の最高峰“山田錦”を100%使用。

生酛造りで醸した
特別純米酒を
原酒のまま瓶詰めにした
贅沢なお酒。

素材にこだわり、
技を尽くした濃醇で雅やかな味わいは
まさに“灘の生一本”の
極致といえます。

一方、「嘉宝蔵 極上」も同じように
“山田錦”を100%使い、
手間暇をかけて丁寧に醸した
特別本醸造酒。

飲みごたえのあるコクとキレ味が
大きな魅力で、
“冷酒”“ひや(常温)”“燗酒”
それぞれの旨さが楽しめると、
根強いファンに支えられた
人気のお酒です。

オリジナルの「冷感盃」は
数量限定でのご用意となります。

早期売り切れも予測されるため、
お早めにお求めください。

 

爽やかなお酒と美味しいおつまみの充実セットもご用意。

続くオススメのセットは、
「大吟醸と
すだちスパークリングと
お楽しみセット♪」。

「超特撰 しぼりたて大吟醸」は
、火入れ回数を減らすことで
豊かな香りを閉じ込めたお酒で、
口に含んだ瞬間に、
軽やかでスッキリとした飲み口と
鼻に抜ける
華やかでフルーティーな香り。

淡麗ながら
キリッとした味わいが
魅力のお酒です。

また、徳島県産すだち果汁を使った
爽やかな酸味の
「すだちスパークリング」は、
“和のリキュール”ともいえる、
普段お酒を口にしない方にも
飲みやすい爽快スパークリング。

これらのお酒にぴったりな
おつまみも入ったセットなので、
届いてすぐに
「父の日」パーティができる、
手間いらずのセットです。

また、飲みくらべが楽しめる、
もはや定番となった
「思いを伝えるネオカップセット
〜父の日〜」
も毎年大好評のギフトパッケージです

箱を開封したときに
5種類全20本が並ぶダイナミックさと
蓋に貼られたメッセージに
感動されるお父さんもおられるようで
リピートのお客様も年々増えている
人気の「父の日」ギフトといえます。

また、5種類のお酒を、
家族が揃ったときに飲みくらべて、
自分の好みのお酒を選んでみる
良い機会というのも
好評のポイントです。

「母の日」とくらべると、
なんとなく印象が薄いと
考えられがちな「父の日」ですが、
日頃頑張っている
お父さんのためのギフトとして、
家族団らんの会話が弾む
キッカケになるような商品を
取り揃えさせていただきました。

これまでの「父の日」ギフトの
ご用命では、自分へのご褒美として
お父さんご自身で注文される方も
少なからずおられます。

いずれにせよ、
「父の日」に間に合うよう、
ぜひお早めのご注文を
お待ちしております。

賢い“衣替え”のススメ。事前準備と、整理ついでの“断捨離。

“衣替え”の歴史は古く、厄祓いの神事の意味もあった平安時代に遡ります。

夏の“衣替え”は、もうお済みですか。

夏は6月1日、冬は10月1日が
一般的な“衣替え”として
暦に載っています。

“衣替え”が暦の行事として
取り上げられるようになったのは、
明治時代になってからのことで、
軍人や警察官、役人の制服が
洋服と定められたことから、
夏服と冬服の衣替えの時期も
一緒に制度化したことが発端です。

同じように“衣替え”は
学生服にも適用され、
やがて一般庶民にも
この習慣が広まったとされ、
“衣替えの日”として
暦に載るようになりました。

しかし、
“衣替え”そのものの歴史は
もっと古く
中国の習慣が平安時代に
日本に伝わり、宮中行事の
“更衣(こうい)”として定着。

4月1日に冬から夏装束、
10月1日に夏から冬装束に替える、
最初の“衣替え”が行われました。

季節に応じて装束を替える以外に、
“穢れ(けがれ)”を祓う
という目的もあったようです。

厄災を招き入れる“穢れ”は
時間とともに身体や家に
溜まっていくものと考えられ、
“更衣”は宮中から厄を祓う
重要な神事のひとつとされていました。

また、“更衣”という言葉は
天皇のお召替えを行う女官の
役職名として使われていたため、
“衣替え”という呼び名に
変化したともいわれています。

鎌倉時代になると、
衣装だけでなく調度品の
“衣替え”が行われるようになり、
江戸時代には、5月5日、9月9日が
加わって、“衣替え”は、
年4回の行事となりました。

“衣替え”は暦の上のことで、
あくまで目安です。

日本列島は細長く、
地域によって寒暖差があるため、
北に位置する寒い地域では、
夏が6月15日、冬が9月15日と
夏服の期間がひと月短く、
逆に南に位置する暖かい地域では、
夏が5月1日、冬が11月1日と
夏服の期間が2カ月長くなるなど、
その地域の気候に応じたタイミングで
“衣替え”が行われています。

さらに、天候が不順ともいえる
昨今の気象状況に加え、
同じ市域であっても地形により
微妙に異なることもあり、
“衣替え”のタイミングは、
“蒸し暑さ”や“肌寒さ”など、
自分の体感による判断が大切です。

その際、ひとつの判断基準として、
自宅周辺の最高気温が、
“25℃以上が続くようなら
薄手の夏物、
20℃前後は春秋の合い物、
15℃以下なら冬物”というのを
参考にしてみるのも、
いいかもしれません。

“衣替え”時の洗濯は、鉄則。
次の“衣替え”のときに、差が出ます

さて、
“衣替え”をスムーズに行うために、
いくつかのポイントがあります。

まずは、
汚れたまま収納しない
ということです。

食べこぼしの汚れや汗は
時間とともにシミとなり、
虫食いの原因ともなるので、
収納する前に、
必ず洗濯やクリーニングでキレイに。

これを怠ると、
落とし切れていない汚れが
数カ月放置したままとなり、
首回りや袖口などが黄色く変色、
次の“衣替え”の際に
結局捨てる羽目に、なんてことも
よく聞くお話です。

また、洗濯後は
十分に乾燥させることも
大事なポイント。

湿気が残ったまま収納してしまうと、
カビが繁殖する原因になるからです。

そういう意味で、“衣替え”は
天気の良い日に行うのが
一般的とされています。

とくに、“衣替え”など、
一度にまとめて行う衣類の収納に
効果を発揮するのが、
透明な引き出しタイプの収納ケースです。

透明なので中に何が入っているか
一目瞭然。

同じサイズのものを
押し入れの下段に並べて置けば、
引き出しを入れ替えるだけで、
大まかな“衣替え”は完了。

しまっておく服の上に、
必ず防虫剤を置くことを忘れないように。

ここでひと手間となりますが、
これから着る服も一度、
天日干しすることで、
収納時の嫌な臭いが消え、
素材の風合いが元に戻るので
オススメです。

さらに、気をつけたいのが、
それぞれの衣類に合った
方法での収納です。

ジャケット類などは畳むと
肩周りの立体感が損なわれるので
ハンガーに掛けて収納ダンスの奥へ。

逆にニット系は、
ハンガーに吊るすと編み目が伸びて
シルエットが崩れるため
畳んで収納を行います。

シワがよる生地なども
吊るして収納してください。

“衣替え”と同時に行いたいのが
“断捨離”。

着なくなったものを取り除いて
スペースを空けておけば、
新しい服を置く場所が確保できます。

ただし、
“断捨離”の際に気をつけたいのは、
覚悟を決めてしまうと、
次から次へと捨てることに
夢中になることです。

あくまで“衣替え”なので、
たとえ着なくても、
思い出深い衣類などは、
キレイに保存しておけば良いでしょう。

まだ“衣替え”がお済みでない方は、
入れ替えるだけの“衣替え”から
一歩踏み込んだ“衣替え”に
挑戦してみてください。

ちょっと賢い整理整頓で、
気持ちの良い生活を実現してみましょう。

d払いキャンペーン「d曜日」、内容の一部が変更に。_菊正宗ネットショップ

  • 電話料金合算払い、d払い残高払い、dカード支払い、dポイント支払いが対象
    dカード以外のクレジットカード、dカードプリペイドは対象外
    d払い(コード決済、iD)のお店は対象外
    ご利用代金が継続課金は対象外
  • 通常ポイント・キャンペーンポイントを合算した還元率
  • 一部加盟店は対象外

金・土曜日に 菊正宗 ネットショップ で「d払い」を利用すると、

dポイントが最大4.5%還元!!

菊正宗 ネットショップ でのお買物は「d払い」で!

d払い”はとっても簡単!
お買い物の時に選ぶだけ!

 

d払い」とは?

dポイントがたまる・使える、お得で便利なドコモの決済サービスです。
ドコモ回線をお持ちでない方もdアカウントがあればご利用可能です。

 

※電話料金合算払いはドコモ回線契約を
お持ちのお客さまがご利用になれます。