2022年1月28日 オンライン決済 メンテナンス実施のお知らせ_菊正宗ネットショップ

お客様各位

平素は多大なるご愛顧を頂きまして誠にありがとうございます。

メンテナンス期間中にAmazon payを除くオンライン決済(クレジットカード、PayPay、auかんたん決済、d払い、ソフトバンクまとめて支払い)をご利用いただけない場合がございます。

その際はお手数をおかけいたしますが、再度、お試しください。

ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げますとともに、あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。

~システムメンテナンス日時~
2022年1月28日(金)
午前03:00 ~ 午前05:00
※作業状況により、時間が多少前後する場合がございます。

ご利用のお客様にはご迷惑をおかけ致しましますが、今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

「正月事始め」から「二十日正月」までの約1カ月が、本当の正月です。

昨年は思いも寄らない静かな正月でしたが、今年は賑やかな正月が戻ってきました。

地域によって多少異なるものの、
昭和の時代が終わる頃あたりまでは、
繁華街や神社近く以外のお店の多くは
正月休みを取っていました。

そのため、正月ともなると、
年末商戦の喧騒がなかったかのように
街はとても静かで、
初詣や映画に出かける以外は、穏やかに
家でテレビを観ながら過ごす機会が
多かったようにも思います。

そんな緩やかな昭和から
平成へと変わり、
時代は大きく動き始めました。

24時間空いている
コンビニが全国各地に増え、
大型商業施設も1月2日から正月の
初売り商戦に突入するなど、
出かける機会の多い、
より便利で賑やかな正月へと
変わっていきました。

それと同時に、
学校や会社の冬の長期休暇としての
印象が強くなり、正月らしい特別感が
年々薄れていくような時代の流れに。

それが、昨年の正月は一変。

新型コロナ禍第3波ピークで
不要不急の自宅待機を
余儀なくされたこともあり、
思いもよらない静かに家で過ごす
久しぶりのお正月
だったのかもしれません。

しかし、今年の正月は、
未だ世界的な新型コロナ禍
ではあるものの、
日本ではある程度の封じ込めが
上手くいっていることもあってか、
初詣の参拝客で賑わう神社境内や、
福袋を抱えた正月セールに賑わう
百貨店などがテレビに
映し出されているのを観ると、
何事もない、いつもの正月に
戻ったようにすら感じるから
不思議です。

さて、
正月休みも終わった辺りから、
注連縄や鏡餅などの正月飾りを
下ろして片付けるタイミングが
気になるところです。

一般的には、
“松の内”と呼ばれる期間を過ぎると
正月飾りを片付け始めます。

以前にここで紹介しましたが、
“松の内”は、関東では1月7日、
関西は1月15日までとされ、
それに伴って、鏡餅を片付ける
“鏡開き”も、関東は1月11日、
関西はもともとの1月20日に行うのが
一般的です。

本来の正月行事は、新年の三が日や
“松の内”期間だけではありません。

前の年の暮れから
正月の準備は始まり、
それから数えて正月納めの日である
“二十日正月”までの約1カ月間が、
本来の正月なのです。

 

本来の、行事としての日本古来の“正月”は「二十日正月」で締めくくります。

行事としての“正月”は、
「正月事始め」からスタートします。

かつては旧暦12月13日、
現在は新暦の12月13日に、
家のスス払いをして1年の汚れを落とし
年神様を迎える準備をはじめる日です。

昔は、どの家にもあった
囲炉裏から出る一年間のススの汚れを
拭い去る“清めの儀式”を
スス払いと呼び、現在も、
寺院などの年末の大掃除に
その名前は残っています。

大掃除が終わると、
神聖な場所としての印である
注連縄や注連飾りをします。

注意したいのは、
12月29日は“二重苦”に通じ、
葬儀と同じ“一夜飾り”と
なってしまう大晦日の12月31日を避け、
末広がりの“八”が入っている
12月28日、
キリの良い12月30日に飾るのが
良いとされています。

そして、
旧い年と新しい年を繋ぐ“除夜の鐘”
正月3が日の初詣、
“松の内”“鏡開き”、
途中、1月7日の“七草”を経て、
1月15日に“小正月”を迎えます。

この日は旧暦で新年最初の
満月を祝った日で、
正月期間に忙しく働いた女性が
ひと息つけるため“女正月”
とも呼ばれています。

また、“小正月”には、
左義長(さぎちょう)、どんど焼きと
呼ばれる火祭りが全国各地で行われ、
注連縄や門松、書き初めなどを
火にくべて、餅を焼いて食べたり、
その灰を持ち帰って
家の周囲に撒くなど、
無病息災を願うお祭りも行われます。

こうしたさまざまな正月行事を
締めくくるのが「二十日正月」です。

西日本では“正月納めの日”、
東日本では“仕事始めの日”とされ、
正月の祝い納めの日に
位置付けられています。

「二十日正月」は別名が多く、
京阪神地方では、正月に食べた
ブリの骨や頭を酒粕や野菜、大豆と
一緒に煮て食べる「かす汁」が有名で
“骨正月”“頭正月”
とも呼ばれるほか、
“乞食正月(石川県)”
“棚探し(群馬県)”
“フセ正月(岐阜県)”など、
正月の料理や餅を食べ尽くす風習が
伝わっています。

とくに、「かす汁」には、
魚や野菜などの具材の栄養素に加え、
酒かすに含まれている
ビタミン類や炭水化物、
アミノ酸が豊富に含まれており、
身体を中から温める効果は
もちろんのこと、
正月の暴飲暴食で疲れた胃を
休めさせてくれる滋養強壮の効果も
期待できる、理にかなった料理なので
この時期にぜひ食べたいもの
のひとつに数えられるでしょう。

その家々に伝わるしきたり、
地域の習わしや慣習など、
ご紹介した内容と
異なる場合もあるので、
まずは良く調べてから。

過ぎてしまった正月行事はともかく
小正月や二十日正月に、
正しく祝い納めをしては
いかがでしょうか。

今年の「初詣」も、昨年同様の“分散参拝”が主流。

“分散参拝”は、密を避けるための寺社仏閣の柔軟な対応。

昨年と比べると、
2022年の年明けは、
新型コロナ感染状況も
落ち着きを見せ、
ひとまずは穏やかな生活を
取り戻せています。

普通で平穏な生活の延長線にある
年初めが、
いかに幸せか、
改めて実感されているのでは
ないでしょうか。

もうすでに「初詣」を
済まされている方のほうが
多いと思いますが、
昨年に引き続き、
多くの寺社仏閣では
“分散参拝”を呼びかけています。

長年にわたって続いている伝統や
しきたりを何が何でも守るという
凝り固まった考えではなく、
困った人に寄り添うという
本来の宗教の役割に沿った
対応といえます。

そこに商業的側面があるのも
確かですが、
それをいうのは無粋なこと。

素直に寺社仏閣の柔軟性と捉える方が
より純粋に参拝できるものと
思われます。

 

まずは、
いくつかの神社で行われた昨年の内に
初詣を済ましておく
“幸先詣(さいさきもうで)”。

これは年が明ける前に
初詣を済まして
“幸先の良い新年”を願うもので、
縁起物の授与、お札の郵送なども
前倒しで行われるなど、
機転の効いた対応が行われました。

全国的に寺社仏閣で展開されている
“分散参拝”は、
ご存知のように、
感染防止のための
密回避を目的としたもので、
本来は“三が日(1月1・2・3日)”
遅くとも“松の内(1月7日〈東日本〉
もしくは1月15日〈西日本〉)”
までに集中していた祈願祈祷、
破魔矢やお守りなどの
縁起物を授与する期間を延長する
という配慮です。

期間が短いところでも1月中受付で、
続いて2月3日の節分が期限。

これは1年の始まりが旧暦で
“立春”とされていることから、
その前日の“節分”を初詣期間として
区切ったものです。

そして、2月中旬、2月中と続き、
長いところでは3月末までを
初詣期間としているところも
あるようです。

まだ今年の初詣を行なっていない方は
まず、
いつも初詣に訪れる寺社仏閣が
いつまで初詣期間と設定しているかを
調べ、
期限を過ぎているようであれば
別の最寄りの初詣期間内のところを
探してみるのも
いい判断だと思います。

さらに、密を避ける意味で
初詣を取りやめておられる方は、
お札の郵送や初詣動画の配信を
行なっているところもあるようなので
そちらを一度調べてみては
いかがでしょうか。

 

「初詣」が庶民に定着したのは大正時代になってから。鉄道網発展と深く関わってます。

長い歴史があるように
思われがちですが、
「初詣」と呼ばれるようになったのは
意外と最近になってからのこと。

もともとは
“年籠り(としごもり)”と呼ばれた
家長が祈願のために
大晦日から元日の朝にかけて
氏神様の宿る神社に籠る習慣が
原型です。

この習慣がやがて、
大晦日の夜に行う“除夜詣”と、
元日の朝の“元日詣”に分岐。

そのひとつの“元日詣”が、
住んでいるところから見て恵方にある
寺社に参詣する“恵方詣”や、
その年の“初縁日(初卯、初午、
初大師、初天神など)”に
参詣することが、
江戸時代の庶民の間に
広まったとされています。

参詣する寺社の境内に
軒を並べる露店を“縁日”と呼ぶのは
その名残といえます。

こうした
縁起の良い方角や暦日にこだわらない
今の「初詣」が定着し始めたのは、
明治中期になってからのことで、
それには鉄道の発展と
深い関わりがあります。

鉄道網の発展に伴い、
遠方や郊外にある寺社への参詣が
可能となり、大正時代には、
行楽も兼ねた「初詣」が
正月行事として定着しました。

さて、いつもなら、
「初詣」の参詣ついでに、
イートインのある露店で
軽く一杯「祝い酒」を引っ掛けたり、
参詣の帰り道に居酒屋に立ち寄るなど
人の賑わいが恋しいところです。

しかし、
新型コロナの変異種である
オミクロン株が世界で猛威を
振るっている現在は、
チョット控えて、
家飲みで「祝い酒」を。

ちょうど
“嘉宝蔵 雅”と“嘉宝蔵 極上”
“純米大吟醸 磨き39”の超特撰酒と
“嘉宝蔵 灘の生一本 生酛純米”
“純米樽酒”に
選りすぐりの肴をセットにした
「冬セット」が好評です。

また、
謎に包まれた限定販売の“可惜夜”、
幻の原酒“兵庫恋錦”など、
ハレの日ならではのお酒も
数多くご用意しております。

しばらく不自由な生活が
続いていますが、
家飲みが増えたことで、
新しい日本酒との出会いがあったとの
嬉しいお客様の声も届いています。

晩酌を家で楽しむ
ちょうど良いタイミングともいえる
この機会に、
菊正宗の数々の自信作を
お試しくださいませ。

「除夜の鐘は108回」にまつわる、ちょっとしたお話。

厳かな響きの「除夜の鐘」。
そのしきたりは、意外と柔軟的です

今年も、気がつけば、
大晦日まであとわずかとなりました。

1年が経つのは早いものです。

さて、大晦日といえば、
つきものなのが「除夜の鐘」。

その歴史を遡ると、
鎌倉時代に中国から伝わったものが、
室町時代になって
仏教行事として一般に広まり始め、
江戸時代になると、多くの寺院で
行われるようになりました。

大晦日を意味する“除夜”に、
この1年の感謝の気持ちを込めて
“除夜会(じょやえ)”や
“除夜法要”というその年の
締めくくりとなる法要を行います。

その一環として、
お寺の梵鐘を撞き、新しい年への
引き継ぎを行う大切な儀式が
「除夜の鐘」ということです。

仏様の声に等しい
鐘の音を聴くことで、
一切の苦役から逃れて、
悟りの境地に達する功徳があると
されてきました。

さて、
“除夜の鐘を撞く回数は108回”
という知識は、もうみなさん
ご存知だと思います。

では、「除夜の鐘」は、
どのタイミングで撞き始め、
いつ108回を撞き終わるのか
というと、
年内に107回を撞き終わり、
年が明けて最後の1回を撞く
というのが一般的です。

その時間は概ね、
大晦日の深夜23時頃から
元旦にかけて。

ただし、お寺によっては
200回以上撞くところもあり、
その場合は撞き始める時間が
早くなります。

さらに、夜の鐘の音が
騒音クレームに発展したり、
檀家の高齢化により
参拝者の減少など、
「除夜の鐘」を撞く時間を
昼間に繰り上げたり、
中止になるなど、
現代の社会事情を反映しているお寺も
少なくないそうです。

そうしたお寺側の見解は、
“お寺は、困った人の思いに
寄り添うところ”と、
伝統にとらわれない柔軟な
考え方を示されています。

また、一般参拝者が
「除夜の鐘」を撞けるお寺も
増えており、結構、有名なお寺でも
撞けるようです。

しかし、
希望者が殺到する場合も多く、事前に、
“一般参拝者が鐘を撞けるのかどうか”
“有料かどうか”
“人数や時間制限があるのか”
“事前予約は必要か”
“先着順の整理券配布があるのか”
などを確認することを
絶対にお忘れなく。

興味がある方は、
ぜひ「除夜の鐘」に
挑戦してみてください。

 

「除夜の鐘」の108回の内訳。

さて、
「除夜の鐘」を撞く回数の
“108”の由来は、諸説あります。

その中で、もっとも有名なのが、
煩悩の数です。

その内訳は

    • “眼(げん/視覚)”
      “耳(に/聴覚)”
      “鼻(び/嗅覚)”
      “舌(ぜつ/味覚)”
      “身(しん/触覚)”の
      五感に、第六感の
      “意(い/意識)”を加えた
      “六根(ろっこん)”から
      生じる心の働きによって
      煩悩が生み出される
      というのが基本。
  • “六根”から生まれる感情は、
    “好(こう/良い)”
    “悪(あく/悪い)”
    “平(へい/どちらでもない)”
    の3つに分類。
  • その置かれている状態は
    “染(ぜん/汚れたこと)”
    “浄(じょう/清らかなこと)”
    の2つに分類。
  • 過去・現在・未来の
    “三世(さんぜ)”にわたって、
    悩みや苦しみが続く。

つまり、これらの組み合わせである
“6(六根)×3(良・悪・平)
×2(染・浄)×3(三世)”の
合計により、108の煩悩となります。

また撞く梵鐘の上部に、
25個ずつ4面、2個ずつ4面の
合計108個の“乳”と呼ばれる
イボのような形状の突起が
煩悩を表しているともいわれています。

また。別の解釈だと、
十二カ月+二十四節気+七十二候
という1年の歳時記を足した数が
108となり、1年の季節の移ろいを
表しているともいわれています。

さらに、
四苦八苦(4+9×8+9)の合計も
108という厄払い説もあります。

余談ですが、
野球の硬式ボールの
縫い目の数も108。

バッターの時に
煩悩を叩きつける意味でもあるのかと
考えてしまいますが、
野球の発祥はアメリカなので、
煩悩とは無関係。

ボールの縫い目が多いと
空けた穴が増え、それによって
ボールの強度が下がります。

また縫い目を減らすと、
縫っている糸が切れやすくなるため、
そのバランスがもっとも良いのが
108の縫い目ということです。

ちなみに、アメリカでは
ボールの縫い目は216と
認識されています。

これは縫い合わせた
両方を1縫いと数える日本、
片方ずつを1縫いと数えるアメリカの
数え方の違いのようです。

生きているだけで、
数々の欲にまみれてしまうので、
要はそれを受け入れた上で、
いかに正しく生きて行くかと
考えるのが大切です。

そして今年の煩悩は、
今年の内に洗い流し、
希望あふれる来年に、今年よりも
正しく生きようと心がけるのが、
正しい姿勢なのかもしれません。

ここは、「除夜の鐘」を聞きながら、
おせち料理を肴に、
熱燗を一献で年越しを、
煩悩を受け入れることから
スタートしましょう。

ネットに潜む危険③ WEBブラウザ「エクスプローラー」は、かなり危険。

百害あって一利なしの「エクスプローラー」。
いますぐ別の「ブラウザ」に。

今、パソコンやスマホでこのコラムを
見ているソフト(アプリケーション)
が「ブラウザ」です。

この「ブラウザ」を介し、
インターネット回線を通じて、
世界に散らばる
さまざまな情報と繋がっています。

優秀な情報処理の“小箱”
ともいえるパソコンですが、
単体で使うままでは、
その利用価値は半減。

パソコンやスマホが、
より便利な情報ツールとして
活用できるのも、
この「ブラウザ」と
世界に張り巡らされた
インターネット通信網の
おかげだといえるでしょう。

さて、
この「ブラウザ」のひとつである
「インターネット エクスプローラー
(Internet Explorer)」が
危険性を孕んだまま
使い続けられているという
大きな問題に直面しています。

というのも、「インターネット
エクスプローラー」
はかつてマイクロソフトが
開発、配布していた「ブラウザ」で、
現在は“マイクロソフト エッジ
(Microsoft Edge)”
が標準「ブラウザ」に
置き換わっています。

また、マイクロソフトでは、
開発が終了した「インターネット
エクスプローラー」の利用を
やめることを呼びかけているものの、
互換性の関係から、
Windows 10に引き続き搭載され、
セキュリティアップデートの提供も
継続されているという矛盾が、
そのまま使い続ける要因
となっています。

では、なぜ「インターネット
エクスプローラー」を使うことが危険
なのかというと、ズバリその脆弱性、
つまり外敵から攻撃されやすい
セキュリティの穴が多いことです。

開発の終わった古い
アプリケーションの「インターネット
エクスプローラー」には、
“不審なサイトを開こうと
している際の警告がない”
“脆弱性を補う自動更新機能がない”
“マルウェアなどのウイルスの侵入を
防ぐ機能がない”など、
他の「ブラウザ」が持つ外敵を
防御する機能がありません。

セキュリティソフトを入れていれば、
ある程度の対策にはなりますが、
それでも、危険レベルは最大級の
深刻な事態ということに
変わりありません。

また、こうした懸念から
「インターネット エクスプローラー」
に対応するサイトがどんどん
減っており、表示速度もストレスが
溜まるほどの遅さという点からも、
今すぐ別の「ブラウザ」に移行
するのが得策だといえます。

 


*