メニュー

日本酒通販の「《公式》菊正宗ネットショップ」は、灘五郷の魚崎郷(現在の兵庫県神戸市東灘区)で1659年(万治二年)に創業し、360余年にわたり丹波杜氏伝承の技・生酛(きもと)造りにこだわりつづけている酒蔵、菊正宗酒造が運営する日本酒通販サイトです。

キーワードから探す
おくりものを探す
カテゴリーから探す
ブランドから探す
分類で探す

菊正宗ネットショップ

「菊正宗 2021年 可惜夜(あたらよ)」 「嘉納会」特A地区産山田錦100%を使用。それ以外は謎のお酒。 大阪を代表する美人画家 北野恒富 謎を秘めた味わいの余韻“可惜夜”限定250本 橋爪節也先生 インタビュー

酒質を明らかにしていないミステリアスなお酒。
「菊正宗 2021年 可惜夜(あたらよ)720ml」

  • 720ml
商品番号 NK126

≪2021年7月7日発送開始≫

当店価格 ¥ 3,300 税込
[ 33 ポイント進呈 ]
販売期間
「2021年限定 可惜夜」は夏季販売予定分を完売しました。

あたら夜の 月と花とを 同じくは あはれしれらむ 人に見せばや
源 信明「後撰和歌集」

惜しいばかりのこの良夜(あたらよ)の月と花を 同じ見るなら
情趣を分かってくれる人 あなたにも見せて 一緒に味わいたいものだ

万葉の時代。
日本人は闇を照らす月を見上げて想いを馳せ、その隈なき良夜を「可惜夜」と歌に詠みました。
明けてしまうのが惜しまれる夜。
一方、現代はますますそのスピードをあげて、昼夜の区別なく、人生を消費するかのようです。

昔も今も日本酒を“醸す”ことには、微生物たちの神秘の営みが複雑にかかわっています。
ゆっくりと、心を向けながら、仕込みタンクがつぶやく声に、じっと耳を傾ける夜。

そうして360有余年培ってきた技術を礎とし、研鑽を重ねた最先端が、限定生産の「可惜夜」です。
菊正宗の“今、このとき”を表現いたしました。
心のままに、無垢なる味わいを妨げぬよう、造りの詳細は非公開といたしました。
小さな遊び心としてお楽しみいただけたら幸いです。

今夏だけの味わいは、330本限り。 そして、ネットショップでの販売は250本限定となります。

【商品スペック】

容量
720ml
アルコール分
16%
原材料
米(国産)・米こうじ(国産米) [兵庫県三木市吉川 嘉納会 特A地区産山田錦100%使用]