のし紙/その三 熨斗(のし)と水引のヒミツ。

熨斗(のし)は縁起の象徴。
水引の紅白は誤解の産物。


のし紙の右肩についている飾りが
「熨斗(のし)」です。

日本では古来、新鮮な海の幸や山の幸を神様に供える風習がありました。
なかでも、鮑(あわび)は不老長寿をもたらすとされ、縁起物として祝いごとの儀式の際に一緒に贈りました。

その鮑(あわび)を伸して(引き延ばして)、干したものが「熨斗鮑(のしあわび)」です。
伸すことにより、“寿命や幸せ、喜びごとが引き延ばされ、ずっと続くように”という願いを込めていました。

熨斗(のし)の真ん中の黄色い部分が熨斗鮑(のしあわび)です。

ちなみに熨斗(のし)は祝いごとの象徴なので、弔事全般や病気見舞い(病気を長引かせないため)などには熨斗(のし)をつけないのが一般的です。
また魚介類や肉類、果物などの生鮮食品(生臭もの)を贈る場合も、“生臭”が重複するので、熨斗をつけないとされていましたが、古来とは食糧事情も変わり、こちらは熨斗(のし)をつけることの方が多いようです。

「水引」の起源については諸説あります。

飛鳥時代、遣隋使が隋への貢物に対して、献上品であることを意味する紅白に染めた麻紐を掛けたことに端を発するという説。

日本には古来、祭祀の折、神様へのお供え物にワラを束ねて結ぶという風習がありました。
それが、中国文化の影響を受け、宮中への貢物や貴族の間での贈り物に紅白の麻紐を掛ける習慣に変遷したとのこと。

また、室町時代に日明貿易が開始され、明からの輸入品の箱すべてに赤と白の縄が縛りつけられていました。
この縄は明が輸出品をほかと区別するために使用していたに過ぎないのですが、日本側がこの縄を贈答に使用する習慣と誤解。
それ以来、日本では贈答品に赤と白の紐をかけるようになったことが、贈り物に対する水引の起源ともいわれています。

 

水引の結び方には訳がある。

水引には、いくつかの結び方があります。
基本となるのは
「花結び/蝶結び」「結び切り」
「鮑結び(あわじむすび/あわびむすび)」
の3種類。
これらの結び方には、それぞれ理由があります。

■花結び/蝶結び

一般的な蝶結びの結び方。
解いて結び直すことができる結び方なので、
“何度あっても嬉しいこと”に使う結び方です。

〈使うシーン(慶事のみ)〉
長寿祝い、出産祝い、入学祝い、
内祝い(お祝いのお返し)、お中元、お歳暮など

■結び切り

固く結ばれて解くことが難しい結び方です。
“一度限り”“繰り返さない”
“二度とあってほしくない”
という意味が込められた結び方です。

〈使うシーン(慶事/弔事両方)〉
・慶事…結婚祝い、結婚引出物、内祝い(結婚祝いのお返し)、お見舞い(熨斗なし)
・弔事…お供え、ご仏前、御霊前、(通夜、葬儀の香典)、志、祖供養、満中陰志など

■鮑結び(あわじむすび/あわびむすび)

結び切りの一種で、
こちらも同様に“一度限り”
という意味が含まれていますが、
引っ張るほど固く結ばれて
解けなくなる結び方のため
“末永いお付き合い“
という意味もあります。
関東でも関西でも「結び切り」は
“一度限り”にしたいことに使いますが、
関西以西の地域では祝いごと全般で
「蝶結び」ではなく、「あわじ結び」が
広く使われているようです(地域差あり)。

〈使うシーン(慶事/弔事両方)〉
・ 「結び切り」と同様。
地域によっては「花結び/蝶結び」の役割も果たす。

 

水引の本数は奇数本数で用いることが基本。
これは古代中国の「偶数を陰数、奇数を陽数」
とする陰陽説からきています。
また5本に束ねたものを基本結びとするのも
古代中国の五行説の影響から。

5本を基本に、3本結びは5本の簡素化したもの、7本結びは5本結びをより丁寧にしたもの、婚礼関係に使われる10本結びは偶数と捉えるのでなく、奇数の5本を倍数にした二重陽結びで、豪華さを表すとともに十分に満ちたりているという意味合いを持ちます。

いろいろと組み合わせて使うことは面倒くさそうですが、それぞれに込められた意味を理解しておけば、それほど困難ではありません。

ある程度理解した上で、贈答品を購入したお店に相談することが、一番の近道といえるでしょう。